30代男性より「5月31日発表分」

新型コロナウイルス感染防止のため在宅勤務が増え、不要不急の外出が減ったこともあり、献血する方が減少しています。必要な輸血量が計画を上回る地域もある程だそうです。
日本赤十字社は献血について「不要不急ではなく、命を助けるために必要不可欠。」とのコメントを発表し、協力を呼びかけています。
また5月12日からは新型コロナワクチンを接種した方であっても48時間経過していれば献血が可能になりました。
輸血が必要な患者さんのために、私も時間を調整して献血に行こうと思います。