20代男性より「7月12日発表分」

先週の現場作業でブユという血を吸う昆虫に刺されてしまいました。長袖と長ズボンである程度こういったものへの対策はしていたつもりでしたが、皮膚が露出していた手の甲と手の平、靴下とズボンの境目を刺されました。特に手の甲の症状がひどく、痛痒さとかなりの腫れを伴い、ものを握るのも苦労するほどでしたが、幸い処方された薬で症状はほぼ治まっています。
今回はただ単に血を吸われると痒くなるだけの昆虫であったためよかったのですが、もしマダニに咬まれたとするとそうもいきません。マダニはダニ媒介脳炎などの病気を媒介することがあり、数は少ないですが北海道でも実際に死者が複数出ています。他の虫に刺されることはもちろんですが、極力マダニに咬まれることは避けたいものです。
これからの時期、どんどん暑くなってくるためつい半袖で現場作業をしたいと考えてしまいがちですが、長袖長ズボンだけでなく、今回被害にあった手や足首まで守れるよう、手袋や長い靴下を履くなどなるべく皮膚の露出部を抑えて作業に当りたいと思います。