30代女性より「10月18日発表分」

当社もクールビズが終わり、中山峠にも雪が積もり、気温がめっきり低くなりました。
そこで今まで後回しにしていた衣替えを休日に行いました。
何気なく今まで何もしないよりは良さそうという理由で、
衣類圧縮袋の中に防虫剤を入れて収納していたのですが、
ふと本当に効果があるのかが気になり調べてみたところ、
防虫剤とは効果を示す成分が空気中に拡散することにより、
虫が逃げ出すことで効果を発揮するそうです。
そもそも私は、防虫剤によって虫が死ぬのだと思っておりましたので
逃げ出す効果というところから知りませんでした。
さらに空気中に拡散することにより効果がでるとのことで、
空気を抜いて圧縮し保管する圧縮袋に入れても、拡散する空気がないため効果は発揮できないそうです。
2重の事実を知り、私は今までまったく意味のないことをしていたのだなとがっかりしました。
もし圧縮袋に入れるとしたら、防虫剤ではなく脱酸素剤が良いそうです。
仮に害虫がいたとしても酸素がなければ生きていけず、
圧縮袋内に多少残った空気があった場合でも脱酸素剤により酸素が残らなくなるからです。
みなさんはご存じだったかもしれませんが、もし知らない方がいましたら
参考になれば幸いです。