40代女性より「11月1日発表分」

複数のことを伝えなければならない時に意識していることはありますか?
ただ単に相手に伝えるだけでは、最初に伝えたこと、もしくは印象の薄いものから忘れられてしまうかもしれません。
どのようにして相手の記憶に自分の伝えるべきことを残しておいたらいいのかと…
それは、相手の中に箱を用意してあげることです。
「話があるんだけど…」と話し始めるのではなく「話が3つあるんだ。一つ目はね…」と、このように話し始める事です。
最初に「話が3つある」と伝えることで、相手の頭の中に箱を3つ用意させます。
そこで、「一つ目はね…、二つ目は…」と話していくと、相手は用意した箱の中に自分の話を一つずつ入れていくことができ、記憶されやすくなります。

これは、自分自身が何か記憶しておく時にも役に立つと思います。