50代男性より「12月13日発表分」

テレビなどの報道で皆さんはすでにご存じかと思いますが、新型コロナウイルスについて、先日、南アフリカで発見された変異株の一つであるオミクロン株が世界的に流行し始めています。
全世界的に広まっている新型コロナウイルスの内90%以上を占めるデルタ株がオミクロン株へと急速に置き換わり始めているようで、高い感染力の可能性が懸念されています。
オミクロン株は、ウイルスに変異箇所が多く、高い感染力やワクチン効果減弱などの可能性が指摘されています。
先に発見されたデルタ株より重症化や入院のリスクは低い傾向にあるとも報道されていますが、まだ未解明な点も多いため正確な情報が発表されるのは時間がかかると思われます。
感染再拡大を防ぐためにも、これまで同様、マスクの着用、手洗い、うがい、三密の回避、換気といった基本的な感染予防対策を徹底することが重要であり、また、大勢で会食することは私個人としては時期尚早と感じています。
まだまだ終息するのは時間がかかりそうですが、早く以前のようなマスクをしなくていい生活に戻ることが出来ればと思います。