総務部 30代女性より (9月10日発表分)

9月6日に発生した北海道胆振東部地震で北海道全域が停電となりました。
私の家の区域は幸いにも断水にはなりませんでしたが、電気が復旧したのは9月7日の午後8時過ぎでした。
正直言うと、札幌で大きな地震が起こるとは思っていなかったので、非常食などの用意をまったくしていませんでした。
私の家はIHキッチンのうえカセットコンロも用意しておらず、お隣のガスコンロでお湯を沸かしていただきました。
いつか用意しておこうと思っていましたが、心のどこかで自分が被災者になるとは思っていませんでした。
今後のためにも今回必要と感じたことを準備しておこうと思います。
また、勤務中に被災することも考えられますので、連絡網や防災用品など総務として整備しておかなかればならないと思いました。

 

補償部 30代男性より (9月10日発表分)

先日の台風に続く胆振東部地震の発生により、亡くなられた方々がいらっしゃいます事を心よりお悔やみ申し上げますとともに、今尚避難中の方々や、現在も捜索・復興作業をされている多くの方々もおられます。
特に土砂崩れの被災のあった厚真町近辺は、つい最近に調査に訪れていたこともあり、自分の出来ることを行いながらも、1日も早い復興を願うばかりです。