環境調査部 20代女性より (2月25日発表分)

最近、睡眠不足が続いているため、睡眠不足が体に与える影響について調べてみました。
睡眠不足が続き蓄積されることを睡眠負債と言います。睡眠負債は長期的にみると様々な健康リスクを発生されると言われています。
集中力や注意力が低下する、ガンの発症のリスクが高まる、認知症や肥満のリスクが高まると言われていることがわかりました。
また、睡眠負債状態に慣れてしまうとそれを自覚しづらいという点があります。
睡眠時間は人によって様々ですが、調べてみると6時間以下になると危険とされているようです。
健康面に影響が出る前に、生活習慣を改善し十分な睡眠をとるようにしたいと思いました。