測量部 30代男性より

先週、天気予報を見ると最高気温30度を超える日がしばらく続くとありました。
このため熱中症にならないように水分補給をしながら現場作業をしていましたが、皆さんはこの水分補給に適切な方法があるのをご存知でしょうか?
水分補給をすることはもちろん大切ですが、一度に大量の水分を取り過ぎてしまうと体内の塩分濃度が薄くなってしまい、めまい、頭痛、疲労感といった症状が現れることがあります。
こまめに少しずつ水分補給をするようにしましょう。
また、大量に汗をかいた場合は水分を取るだけではなく、汗として排出された塩分も補給しなくてはなりません。スポーツドリンクや塩飴で塩分を補うのがお勧めです。
まだまだ暑い日が続きます。熱中症対策はもちろんのこと、体調管理には十分気を付けて夏を乗り切りましょう。