環境調査部 20代男性より

あと2週間ほどで、北海道胆振東部地震から一年が経過しようとしています。
以前、札幌市内の業務で家屋調査に同行した際、地震の甚大さを改めて感じました。
道路は大きく波打ち、本来平らであるはずの建物の屋根は傾いていて、家の扉には立ち入り禁止と書かれた紙が貼られていました。
ニュースで映像は見たことはありましたが、実際に見てみると、より悲惨なものだったと思いました。
今年に入ってからも、1月に熊本県、2月に胆振、6月に山形県で震度6以上の地震が発生しています。
そのため、いつでも大きな地震が来る可能性があるので、非常食や飲み水、ラジオの準備など防災対策をしっかりと行い、今後の教訓にしたいと思います。