営業部 30代男性より

私は宇宙や星にまつわる話が好きで、幼い頃は図鑑等を読み耽っては他の星や銀河に想いを馳せ、胸を躍らせていました。
さて、一年ほど前に火星にまつわるあるニュースが流れ、一部で大きな話題となりました。それは現在、火星で活動中の探査船「インサイト」が初めて火星の風の音を捉えることに成功したというものです。
インサイトは元々火星の地質調査のために送り出された探査船であり、地震計や気圧計等を搭載していました。これらの計測器具を設置する過程で偶然大気の振動、つまりは風を感知することが出来たようです。この音源は動画配信サイト等で公開され、大きな反響を呼びました。私もこの音を聞きつつ、火星の荒涼とした大地と大気をうっすらと感じることが出来たような気がし、非常に感慨深い気持ちになったことを覚えています。
しかし、この「音」は宇宙や火星に興味のない人にとってはただの雑音に聞こえてしまうのかもしれません。この件に限らず、世の中の様々な事象の価値というものは、その人の興味の有る無しで大きく変わってしまうように思えます。様々な事に興味を持つことで様々な事に価値を見出せる人間になれれば、と思います。