補償2課 30代男性より

コロナウイルス感染拡大により日常生活ではマスク着用が欠かせない状況にあります。これから夏を迎えるにあたり、マスクの使用は熱中症のリスクを高めることが考えられています。
報道でも注意喚起をしていますが、環境省と厚生労働省が「令和2年度の熱中症予防行動」という資料を作成しています。
これによると【暑さを避けましょう】、【こまめに水分補給をしましょう】といった熱中症対策の基本的なことの他に【適宜マスクをはずしましょう】といった例年には見られないような対策も書かれています。熱中症予防なんて毎年のことだからと油断せず、暑さが本格化する前に一度資料を読んでみることをお勧めします。
家屋調査業務においても、これから外部調査が多くなり熱中症のリスクが高くなるので、自身もしっかりと対策してこの夏を乗り切りたいと思います。