設計課 男性社員より

近年、ネット通販利用の拡大などにより宅配便の利用者が増えています。
宅配便の利用で便利な生活を送ることが出来ていますが、再配達も増加しており、社会的損失が発生していることを知りました。
再配達による社会的損失を減らすことは、地球温暖化の抑制や少子高齢化によるトラックドライバー不足の改善につながります。

私もネット通販などで宅配便を利用することがありますが、一人暮らしで不在の時間帯が多く再配達してもらうことが多々ありました。
再配達による社会的損失のことを知る前は、適当に日時を指定していましたが、最近では確実に在宅している時間帯を指定し、再配達をなくすようにしています。
将来にわたり利便性の高い宅配サービスを継続して受けられるよう物流業界で取り組みが検討されていますが、受ける側として社会的損失の減少に貢献できる個人的な取り組みとして微力ながら継続したいと思います。

 

環境調査課 女性社員より

今年の目標を考えるにあたり、目標の設定について調べたので参考までに発表します。
・まずは長期の目標を立て、さらに短期間の目標を立てる。
・「具体性」「現実性」を考慮し、「明確化」した目標を立てる。
・すぐに見えるところに書いておき、目標を意識する。
以上のことを踏まえて目標を設定し、達成に向けて取り組んでいきたいと思います。