補償部 40代男性より

私は趣味で、ヨットレースを楽しんでいます。
今までは大きな事故や怪我も無く毎年のレースを楽しんできたのですが、今年の春に行なわれたレース終了後に参加艇の一部で事故があり怪我人が出てしまいました。
その後の対応も悪く、各所への連絡が行き届かず、どの艇で事故が起こったのか誰も解らないということが発生し、問題となりました。
幸いにも事故で怪我を負った人は大事には至らず無事に復帰できましたが、会として運営していくにあたり、このままでは支障をきたすのではと考え、それ以降のレースでは事前に緊急連絡フローを作成して、参加各艇に周知するようにしました。
その結果、昨日行なわれたレースで軽微な事故が発生した際には速やかに関係者への周知が出来ました。

当社でも、業務計画書に添付している緊急連絡体制をとっているので、いざという時には速やかに関係部署へ周知するためのツールとして、業務を行なう際には念頭に入れ業務を行うようにしています。
事故や怪我がないのが一番良いことですが、万が一なにかあった場合の対応が重要だと感じました。