測量部 男性社員より

私は、昔から何かを調べることが好きです。
今はネットが便利な時代で、誰でも数秒から数分の間に目的の情報にたどり着くことができます。
ネットの無い時代、或いはネットが普及していない頃は、図書館に足しげく通ったり、有識者の話を聞きに行ったりと、調べ物もなかなか大変なことでした。
最近のみなさんの発表を聞いていても、よく「調べてみた」という話が出てきますが、このように簡単に物を調べることが出来るようになった一方で、フェイクニュースの問題等に代表される、「偽情報」に、より注意しなくてはいけないと思います。

「自分は騙されない」と過信していると、思わぬところで足をすくわれることになりかねません。
私が好きな、自然科学・技術系の最新ニュースの配信を見ていると、明らかに株価操作を目的としたような、ごまかし記事に出会うことも決して少なくありません。

とは言っても、私自身、そうしたフェイクニュースの類に騙されたり、インターネット上の誤った記述を鵜呑みにしてしまったことは数知れずあります。逆に、「またごまかし記事だ・・・」と思ったものが、本当の話だったこともあります。

何か情報を得た際、先ず「それは本当か?」と、疑いの心を持ち、調べてみることは、決して時間の無駄ではないと思います。

函館支店 男性社員より
現在、私は松前町での用地測量の現場に携わっております。
この冬は記録的な大雪に見まわれた道南地方ですが、その中でも松前地区は、まだ若干少なめに感じます。
それでも、膝上程の積雪の中、笹薮の中にある境界標を探すのは大変な仕事です。
厳しい寒さと積雪の中での作業ではありますが、体調を崩さず、怪我の無いように気を付けたいと思います。