株式会社エル技術コンサルタント

先輩の声

先輩の声

補償部 補償1課 男性 入社1年目

  私の所属している補償1課は、公共事業を行うために必要な用地の取得を手助けする街づくりの先駆けとなるような仕事です。公共事業によって、土地の取得や建物の移転を行う場合、国や地方公共団体等は住民や土地所有者に正当な補償を行います。その補償業務を弊社は国や地方公共団体等から委託され、公共事業をよりスムーズに完成できるようにサポートする会社です。
  公共事業は、北海道各地で行われるため、私たちの出張先は北海道各地に及びます。業務によっては、北海道内だけでなく、本州に出張することもあります。
  私は、大学では当業務と全く異なる分野を研究していたので補償業務に関する知識はありませんでした。しかし、先輩方が積極的に現場を経験させてくださり、また社外研修に参加する機会を与えていただいたり、社内勉強会を開催していただいたりと私自身少しずつ成長できていると感じます。まだ入社したばかりなので携わった業務は少ないですが、今後沢山の業務に携わり北海道のまちづくりに貢献していきたいです。

環境調査部 環境調査課 女性 入社4年目

  私の所属する環境調査課では、振動・騒音調査、動植物調査、井戸調査等を行っています。その中で特に受注が多いのは振動・騒音調査です。工事や車の交通に伴う振動・騒音を測定し、建物や住民に影響はないか調査します。調査から報告書作成までを行います。外業と内業の割合は、外業6割、内業4割くらいと外業が若干多いのが特徴です。
  私は振動・騒音の知識は全くない状態で入社しました。今年で4年目になりますが、先輩方にご指導いただき、業務を担当できるくらいの知識が身につきました。まだまだ専門知識が足りないので、現在は資格取得に向け勉強しています。当社では、資格取得を支援する体制や新人教育に力を入れておりよい環境が整っています。
  振動・騒音調査は世間ではあまり知られていませんが、地域社会に貢献できることに誇りを持って取り組んでいます。

測量部 男性 入社2年目

  私は、公共測量のほか、用地測量や近年話題となっているUAVを用いた写真測量などの各種測量調査に携わっています。
  大学ではGISやリモートセンシングの技術を用いた研究を行っていた為、測量に関してはほとんど一から勉強している状態ですが、今は少しでも早く会社に貢献したい、自分が学んできた技術を社会に還元していきたいという思いを胸に、日々やりがいを感じながら資格取得も目指しつつ仕事に取り組んでいます。
  私のように測量の経験がなくてもOJT期間で現場を数多く経験したり、資格取得のための勉強会なども行っているため、サポート体制は万全です。現場技術も学びやすい環境が整っています。

補償部 補償2課 男性 入社13年目

  私の所属する補償2課では、事業損失に関わる家屋調査を行っており、工事が原因で家が傾いたり外壁に損傷を与えたりしていないかを調べる為の建物調査を行っています。建物の傾きや損傷が元々存在していたのか、工事が原因で発生したものなのかを根拠づける大切な仕事です。公共事業の担当者、工事施工者、地域の住民の皆様など様々な人と関わることができます。
  私は、建築関係の専門学校を卒業し当社へ入社して以来10年間以上この補償関係の仕事に携わっています。確かな知識と経験に基づいた調査・検討を行うことで『公共事業や各種建設工事の円滑化』『地域の方々の生活を守ること』という目標を掲げ、社会貢献を目指しています。これからも『やる気と根気』で、私たちの住む街を支えていきたいと思っています。

補償部 補償1課 男性 入社22年目

  私は補償コンサルタントの物件調査という仕事を行なっています。聞きなれない業種だと思いますが、みなさんの生活にも関わっています。例えば、北海道にもようやく新幹線が上陸しました。その新たに造られた線路部分は、元々山林であったり、畑であったり、住宅地であったり、商業施設であったかもしれません。これらの既存施設が移転し、事業用地を確保できて初めて線路の建設が行なえます。
  補償業務は、事業用地を確保するために移転が必要な建物等を調査し、適正な補償額の算定を行う事で、公共事業をサポートしています。インフラ整備の一端を担い地域社会に貢献できる仕事です。