函館支店 男性社員より

今年、函館地方の降雪量は観測史上2番目の多さということで、市民の生活に大きく影響を与えております。
幹線道路でさえ除雪が間に合わず、交通網は大変な状況となっております。

生活道路に至っては、各々の住民が除雪しなければ歩くのも儘ならず、普段は何も問題無くお付き合いしていた近隣の方と堆雪場所をめぐりトラブルも発生しております。

一方では、車を運転していている時に雪で道路が狭くなっている状況の中で、無理に走行せずお互いに譲り合いながら、何となくアイコンタクトですれ違っている様子は、なんとも言えず心地良いものでした。

こんな状況では勿論ですが、普段の生活のなかでも自分本位の行動では無く、周囲への心配りを忘れずに生活していきたいと感じました。

補償部 男性社員より

1月下旬に日本補償コンサルタント協会主催の用地事務研修があり出席しました。
研修内容は、補償業務経験の浅い私にとって『補償基準の解説』や『建物調査業務の解説』等、準備から始まり、調査、図面・調査書作成までの基本となる一連の流れがわかる内容でしたので大変勉強になりました。
また、補償基準の改正についても再確認することができ、補償の関係に限らず常に最新の情報を入手する必要もあると感じました。
平成29年度も残すところ、あと1ヶ月あまりとなりました。
研修等で得た内容や重要な点を再確認し、次年度の新しい業務に対応出来るよう備えていきたいと思います。