函館支店 40代男性より

近頃、現場での調査中に図面への記入をしていると近いものが見えづらくなってきたと感じるようになりました。いよいよ老眼かと思い調べてみると昨今はスマホ老眼という症状があるそうです。
スマホの小さい画面で文字を凝視して目の負担が大きくなることで起きる症状とのことでした。
老眼は加齢に伴っての調節機能の衰えですが、スマホ老眼は若い年齢でも一時的に老眼のような症状が出てしまうようです。
考えてみると長時間スマホを見たり、横になりながらの姿勢だったりと目を酷使していることが思い当たります。
年齢的に老眼の症状が出てくる頃ではありますがスマホによる影響も多少あるのかと思います。
業務では1日中パソコンに向かっている作業もありますし、以前より目を酷使している時間が多くなっていることは確かです。
目の酷使に対して日頃からできる対策として、作業中に休息をとり遠くを眺める、スマホは40cm以上離して見る、目の周りを温め血行を良くする、意識的に瞬きをする、目薬を活用するなどがあるようです。
今まではあまり意識していませんでしたが、快適に作業できるように眼のケアを心掛けようと思います。